ねこのて映画舎は自主映画製作のお手伝いをしてます。映画制作、配給宣伝、
役者募集、上映、ロケ地手配などなど、 困ったときの「ねこのて」お貸しします。

5d mark ii 5d mark iii After Effects Android CG DCP Final Cut Pro iPhone Magic Lantern raw動画 Twitter WEBカメラ ア)あると便利なもの ア)悪役 アンティーク イ)衣装 イ)印刷 インバーター エ)映画まとめ エ)映画館 エ)映画業界ハローワーク エ)映画祭 エ)映画紹介 エ)絵コンテ エキストラ オ)屋外での電源確保 オ)音源 オ)音声 オーサリング オーディション おすすめ お問い合わせ カ)家具 カ)海外 カ)海外撮影 カ)外国 カ)外国人 カ)学校 カジノ キ)機材 キ)機材レビュー キ)機材レンタル キ)機材車 キ)記念品 キ)脚本 キ)求人 キ)着ぐるみ キッズ キャスティング キャンピングカー ク)空撮 グ)軍用 クラウドファンディング グリーンバック クロマキー ケ)掲示板 ケ)芸能プロダクション ケ)劇中車 ケ)検索 コ)公演情報 コ)広告 コ)荒野 コ)香盤表 コ)高級車 コ)合成 コ)告知 コ)子供服 コ)子役 コ)小道具 コスチューム コミュニティシネマ コラム コンテ コンペ情報 サ)索引 サ)撮影 サ)撮影スタジオ サ)撮影部 シ)資金管理 シ)資金集め シ)字幕 シ)自主映画 シ)車載撮影 シ)車輌 シ)出演者募集 シ)照明 シ)上映 シ)白バイ シアター ジェネレーター シナリオ シニア ス)水中撮影 スクリーンプロセス スケジュール スタジオ スタッフ募集 スタビライザー スタント ストリーミング スモークマシン セ)制作部 セ)宣伝 セ)戦車 タクシー チ)中古機材 チ)著作権 チ)著作権フリー チラシ ツイッター テ)DVD デ)電車内 ディープサイクルバッテリー デジタル 一眼レフカメラ デジタルシネマパッケージ ト)動画配信 ト)動物 ト)道路使用許可 ト)特機 ト)特殊スタジオ ト)特殊メイク ト)特殊効果 ドローン ニュース ネコノテ ノベルティグッズ ハ)8mmフィルム ハ)バキュームマウント ハ)配給 ハ)爆破 ハ)発電機 パッケージ パトカー ヒ)飛行機内 ビデオカメラ フ)フィルム フ)物販 フィルムコミッション フライヤー プラグイン フリーソフト フレキシブルアーム プロジェクションマッピング プロジェクター ヘ)編集 ペットプロダクション ペットレンタル ホ)保険 ホ)翻訳 マイク マウントアダプター まとめ マルチコプター ミニクランプ ミニシアター ミリタリー ム)無人島 メイキング メイク モデルガン モニター ヤ)屋台 ヤ)役者登録 ヤ)役者募集 ユ)YOUTUBE ユ)遊戯台 ライティング ラジコンヘリ リ)リンク リアプロジェクション レコーダー レビュー レンタカー レンタルシアター レンタルスタジオ レンタルバイク レンタル全般 ロ)録画 ロイヤリティフリー ロケ ロケーションコーディネート ロケハン ロケハン代行 ロケ地交渉 ロケ弁 ワークショップ ワイヤーアクション 管理 機材 広告 合成 車内撮影

『野外ロケでの電源確保①:ガソリン発電機』

野外での電源確保はロケ撮影の命題とも言えるほど重要です。
今回から3回に分けて、野外での電源の確保方法についてお話
ししたいと思います。

まず第一回目は、一番手っ取り早く大容量発電が可能な、ガソ
リン発電機を紹介したいと思います。

発電機も国産製品・中国産製品と多種ありますが、筆者は中国
製発電機で一度痛い目を見てからは、国内の大手YAMAHA製、
下記二製品を使用しています。

発電容量は700wほどですが乾燥重量24kgと比較的軽量で
扱いやすい。


乾燥重量は40kg以上、持ち運びに代車と車は必須ですが
2000wの大容量発電は魅力的です。


いざ発電機を使う際に注意しなければいけないのが、その
発電機で使用可能なMAX電気量です。2000wと表示されて
いたら2000wの電気機器が使えるのかと言うと、そういう
訳ではありません。

コンセントの上部に書かれているA(アンペア)数に注目し
て頂きたいのですが、基本的にはこの数字×100vまでの電気
機器しか、1つのコンセントからは使用出来ません。

例えば、800wと500wと300wの3つの電気機器を使用する
場合、800wと500wを同じコンセントからは使えないという
事です。


また、騒音の問題から電源リールを用いることもあるかと思い
ますが、ここでもリールのコンセント上のA数に注意が必要です。

そして、リールを使用すると供給能力は10〜20%低下すると考
えられています。なので、10Aのコンセントから抽出可能な電量
は、およそ800w〜900wと言えます。



『メリット』   ・大容量で持続性がある。  ・設営が楽。

『デメリット』
 ・うるさい。(うるさくない発電機は高価)  ・重い。
 ・始動や安全管理に専門的知識がいる。  ・ガソリン臭くなる。



かなりデメリットが目立つような気もしますが、大容量発電と
持続性のメリットは他には変えられません。高光度照明設置や
スモークマシーン等、野外撮影の可能性を増やしてくれます。




関連記事
『野外ロケでの電源確保②:ディープサイクルバッテリー』
『野外ロケでの電源確保③:自動車×インバーター』