ねこのて映画舎は自主映画製作のお手伝いをしてます。映画制作、配給宣伝、
役者募集、上映、ロケ地手配などなど、 困ったときの「ねこのて」お貸しします。

5d mark ii 5d mark iii After Effects Android CG DCP Final Cut Pro iPhone Magic Lantern raw動画 Twitter WEBカメラ ア)あると便利なもの ア)悪役 アンティーク イ)衣装 イ)印刷 インバーター エ)映画まとめ エ)映画館 エ)映画業界ハローワーク エ)映画祭 エ)映画紹介 エ)絵コンテ エキストラ オ)屋外での電源確保 オ)音源 オ)音声 オーサリング オーディション おすすめ お問い合わせ カ)家具 カ)海外 カ)海外撮影 カ)外国 カ)外国人 カ)学校 カジノ キ)機材 キ)機材レビュー キ)機材レンタル キ)機材車 キ)記念品 キ)脚本 キ)求人 キ)着ぐるみ キッズ キャスティング キャンピングカー ク)空撮 グ)軍用 クラウドファンディング グリーンバック クロマキー ケ)掲示板 ケ)芸能プロダクション ケ)劇中車 ケ)検索 コ)公演情報 コ)広告 コ)荒野 コ)香盤表 コ)高級車 コ)合成 コ)告知 コ)子供服 コ)子役 コ)小道具 コスチューム コミュニティシネマ コラム コンテ コンペ情報 サ)索引 サ)撮影 サ)撮影スタジオ サ)撮影部 シ)資金管理 シ)資金集め シ)字幕 シ)自主映画 シ)車載撮影 シ)車輌 シ)出演者募集 シ)照明 シ)上映 シ)白バイ シアター ジェネレーター シナリオ シニア ス)水中撮影 スクリーンプロセス スケジュール スタジオ スタッフ募集 スタビライザー スタント ストリーミング スモークマシン セ)制作部 セ)宣伝 セ)戦車 タクシー チ)中古機材 チ)著作権 チ)著作権フリー チラシ ツイッター テ)DVD デ)電車内 ディープサイクルバッテリー デジタル 一眼レフカメラ デジタルシネマパッケージ ト)動画配信 ト)動物 ト)道路使用許可 ト)特機 ト)特殊スタジオ ト)特殊メイク ト)特殊効果 ドローン ニュース ネコノテ ノベルティグッズ ハ)8mmフィルム ハ)バキュームマウント ハ)配給 ハ)爆破 ハ)発電機 パッケージ パトカー ヒ)飛行機内 ビデオカメラ フ)フィルム フ)物販 フィルムコミッション フライヤー プラグイン フリーソフト フレキシブルアーム プロジェクションマッピング プロジェクター ヘ)編集 ペットプロダクション ペットレンタル ホ)保険 ホ)翻訳 マイク マウントアダプター まとめ マルチコプター ミニクランプ ミニシアター ミリタリー ム)無人島 メイキング メイク モデルガン モニター ヤ)屋台 ヤ)役者登録 ヤ)役者募集 ユ)YOUTUBE ユ)遊戯台 ライティング ラジコンヘリ リ)リンク リアプロジェクション レコーダー レビュー レンタカー レンタルシアター レンタルスタジオ レンタルバイク レンタル全般 ロ)録画 ロイヤリティフリー ロケ ロケーションコーディネート ロケハン ロケハン代行 ロケ地交渉 ロケ弁 ワークショップ ワイヤーアクション 管理 機材 広告 合成 車内撮影

『野外ロケでの電源確保③:自動車×インバーター』

 今回は車から電源を確保する方法をご紹介します。
SANWA SUPPLY CAR-DAV200W カーインバーター200W
インバーター 1500W 瞬3000W

インバーター 1500W 瞬間最大3000W 車用DC12V→AC100V家庭用電源に変換
SANWA SUPPLY CAR-DAV200W カーインバーター200W


使用する機器は上のようなインバーターと言われるもので、シガーソケットから電源を取るタイプと、下のようなバッテリーから電源を取るタイプの二種類があります。シガーから取れるタイプの最大出力は定格300w〜400wが限界で、それ以上になるとバッテリーから取ることになります。

シガーソケット供給のものはただソケットに差して電源を入れるだけで使えますが、バッテリーから電源を取る場合、電極の接続方法に注意します。赤と黒のケーブルを使用しますが、正しい手順をご紹介します。

① エンジンは必ず切っておく
② インバーターに+と−ケーブルを装着
③ プラス(赤)を繋ぐ
④ マイナス(黒)を繋ぐ
⑤ インバーターの電源をONにする

取り外しの手順は⑤〜①の順で行います。その他の注意点としては、電極ケーブルを使用する際はなるべくゴム製絶縁の手袋を装着することや、インバーターを固定する台を用意しておくとより良いかと思います。また、放充電を繰り返すことになるので、古い車やバッテリーが弱っている車ではおすすめできません。

車から離れたところで撮影になる場合は電源リールなどを用意しておけば良いかと思います。万が一の時に備え、予備バッテリーやジャフの会員になっておきたいものです。

『メリット』   ・手軽に電源を確保出来る。 ・設営が楽。
『デメリット』 ・車が必要である  ・電極に触れたりするので、知識がないと危険を伴う
  ・車が無いといけない。



関連記事
『野外ロケでの電源確保①:ガソリン発電機』
『野外ロケでの電源確保②:ディープサイクルバッテリー』