ねこのて映画舎は自主映画製作のお手伝いをしてます。映画制作、配給宣伝、
役者募集、上映、ロケ地手配などなど、 困ったときの「ねこのて」お貸しします。

『いざという時のために知っておきたい。映像制作における保険のあれこれ』

万が一の事故や損害が出てしまった時のためにも、保険に加入しておけば損害を最小限に抑えることができます。法人向け、個人向けの映像制作・機材向けに対応可能な保険取り扱い会社や、個人向けの動産保険での対応などの情報をまとめました。

法人としてや規模の大きい制作現場では、制作会社向けの保険を取り扱っている代理店を利用するのがおすすめです。なお、代理店によっては個人での契約ができない場合もあります。


 WEBサイト・映像制作などのメディア制作からイベントの企画運営に至るまで、幅広い領域のサービスをプロデュース


個人向け動産総合保険を利用するという選択肢もあります。個人向けの街の保険代理店で取り扱ってくれます。機材の購入時期、購入額、定価額、購入時の領収書が必要になる場合もあります。業務利用の場合は保証の対象外になる場合がありますので、使用用途と契約内容はよく確認したほうがよさそうです。一例にはなりますが40万円弱の機材で年間の動産総合保険料は2万円でした。